2018/03/13 与論島 電報口

2本目は、地形とウミウシ探しが今のシーズン楽しい
電報口に潜りました。

いつも通りクレバスを進んでいくと、普段見かけない光景が目の前に!
なんと! あるはずのトンネルが通れなくなっているではないか!!
トンネル上の岩が崩れ落ち、通り道の80%以上を塞いでいました。

自然の力って凄いって言うか、トンネルを通過している最中に
崩れ落ちなくって、良かったな~です。
地形ポイントを楽しむ際に覚えておかなくてはいけないリスク
皆さんも、しっかり理解しておきましょう!!

2018/03/13 与論島 海中宮殿

ぽかぽかと、春の日差しが降り注ぎました。
本日は、飛び入りのゲストさんのFUNダイブです。

前回のダイビングも、このくらい暖かければ良かったのにな~。
そう思いつつ、1ダイブ目のエントリー。
水中は、春先特有のちょっとした濁りかなって感じです。
地味にだけど水温も上昇して、季節もちょっとづつ変わりつつあるあるようです。

のんびりと、写真を楽しみながら1本目は無事終了しました!

2018/03/03 与論島 海中宮殿

いよいよ3月です。
明日は、毎年恒例のヨロンマラソンの日です。
ヨロンマラソンに参加されるダイバー女子2名様が、マラソン前に与論の海を楽しみます。
しかし本日は結構冷え込んで、雨もそこそこ降っております。
但し運よく南風が吹き、希望していた海中宮殿ポイントに潜ることができました!

でもこのシーズンは、まだ水温が低いんだよね~。
それなりの透明度だったのでダイビングは楽しめたけど、低水温と雨降りに心が折れえしまった・・・
ということで、2本予定していたFUNダイブは、今回は1本にて終了です。

但し、沖縄本島からいらっしゃったゲストさんなので、また暖かくなったらリベンジして
くれるって!
楽しみに待ってまーす。

2018/02/14 与論島 海中宮殿

時間を追うごとに、南寄りの風が強くなってきました。
南側の供利漁港から遠征して、北側の海中宮殿に出発です!
予想通りややうねりはありましたが、予想に反して透明度は最高です。
全員水中カメラを持参しているので、思い思いに水中写真を
楽しんでいましたよ。
しかし・・・
供利漁港への帰り道は、波がきつかったね!!
でもこれも、経験の1つになるはずです。
みんなこれからも頑張って、潜り続けてね!

2018/02/14 与論島 供利沖

ここ数年間で、かなり久々の2月のFUNダイブです。
そして今回のゲストさんは、鹿児島から来た女子大生の3人組です。
経験値もまだ10~20本の、初々しさがとてもいい感じです。
でもお天気が回復して、本当によかったね~。
しかし水温が20℃ちょいで、5mmウエットでベスト類無しとは
若さだね~。
まずはスキルチェックを兼ねて、供利沖でウォーミングアップ。
うん、20本ぐらいの経験の割には、うまいこと潜れているね!!
低水温ながら「たのしかった!!」って言ってくれるのも
とてもうれしいかぎりです。

2018/01/21 与論島 赤崎沖・モニタリングポイント

2本目は、1本目の真沖に当たるポイントです。
しかし本日は。うねりがメッチャきつい!!
計測用のメジャーもユラユラ動くし、計測している僕らも
ゆ~らゆら。
若干気持ち悪くなりつつも、計測作業を無事終了。
オニヒトデも発見されず、サンゴの状態もほぼ昨年と同じ感じ。
ある意味どっしりとした安定感がある、与論島の海でした。

2018/01/21 与論島 赤崎リーフ内・モニタリングポイント

本日は、毎年恒例のオニヒトデモニタリング調査ダイブです。
与論島ではここ数年間、オニヒトデの発見例はあまり多く報告されていません。
とても喜ばしい事ですが、大量発生の兆しが察知できるように
普段から目を光らせていることが必要です。
本日1本目は、リーフ内のポイント。
与論のリーフ内のポイントとしては、それなりにサンゴも多いポイントです。
但し、昨年の白化現象の影響が、やや見受けられたような気もしますね。

2018/01/07 与論島 長崎の塔

なんと! 2ダイブ目も、長崎の塔です。
だってこのシーズン、ウミウシパラダイスなんだから。
ウミウシ好きには、1日何本潜っても飽きないくらいです。

但し、時間を追うごとに風・波共にきつくなってきました。
1本目は全然なかった流れも、そこそこ強い流れに変わっていました。
そんな中でも岩にしがみつきながら、ウミウシフォトダイブを
思いっきり堪能することができましたね!!

しかし波風も強くなり、気温水温も低い状態で、お天気もあまり
良くないので、今回のダイビングは、これにて終了。
あんまり無理せず、楽しむのが大人ですね~。

2018/01/07 与論島 長崎の塔

昨日に比べるとお天気もいまいちで、波風も若干高くなっています。
でもまだ潜れる状態なので、ウミウシを求めて長崎の塔へ!!

まずウミウシの前に小さな群れではありましたが、ギンガメアジを発見!
これは新年から、縁起がいい感じ。
そしてこのシーズン楽しみの、長崎の塔のウミウシ探しです。

水温も22℃台と結構寒いですが、かわいいウミウシを見つけると
テンション、アゲアゲですねぇ。
本当に水中写真が、楽しいシーズンです。
でも、防寒対策をしっかりとね!!

2018/01/06 与論島 キャニオン

新しい年の、初めてのダイブです。
せんすいどうに初潜りに来てくれたのは、ウミウシ大好き!
りぴーたーさん、ご夫婦ダイバーさんです。
今回の目標はウミウシの写真を撮ることなので、他の要素は取り除いて
ウミウシ探しに専念です。
キャニオンは地形系メインのポイントですが、浅場をじっくり攻めることで
このシーズンからゴールデンウイークくらいまでは、ウミウシ探しにも
適しています。
前半はなかなか見つからなかったけど、目が慣れてきたら結構見つけることが
できましたよ!
但し全般的に、まだ小さいんだな~。